TO-0001 アルファード

■自動車メーカー

トヨタ

■車種

アルファード

■改造内容

アクセル・ブレーキ操作用手動運転装置 アクセルリング&ブレーキレバーを導入。
ハンドルに設置したリングを引くまたは押すとアクセル操作を行い、ハンドル横のレバーを押し下げてブレーキ操作を行うことで、両手でハンドルを握りながらアクセル・ブレーキ操作を可能にする今までにないハンドコントロールシステムです。

ブレーキロック上にはホーン(一部車種を除く)、ブレーキロック、アクセル出力を60%まで抑えるエコノマイザー機能を搭載。メインスイッチによるアクセルリングとアクセルペダルの切り替えが行えます。ブレーキレバーはドライバーの利き腕側に取り付けます。

アクセルリングのみの取り付けやブレーキレバーのみの取り付けが可能です。ブレーキレバーは補助ブレーキとしての使用も可能です。

・アクセリング
・ブレーキレバー

トヨタアルファードのBピラーにアームが二つ折りするピラーリフトを導入。ピラーリフトのベルト巻き上げは電動で行います。
これにより、ドライバーによる後部座席への車いす収納の負担を最小限に抑えます。

・ピラーリフト
・ターニーエヴォ(運転席)

電動補助ステップを導入。
本製品はドアの開閉に連動してステップが展開・格納を行い、メインスイッチをオフにするとステップが展開しなくなります。

・電動補助ステップ

車いすリフト F360スリムフィットを導入。

従来の車いすリフトのイメージとは一線を画す美しいデザインだけでなく、片アームながら360kg対応。個人ユーザー向けだけでなく、様々なシーンで活躍します。ポンプユニットはクルマの環境に合わせて取り付け位置を選択できます。

プラットフォームの展開・格納まで全電動で行うトータルドライブと半手動のセミドライブ、プラットフォームサイズは2種類用意。送迎車にもおすすめです。

本事例のアルファードのバックドアは元々手動ですが、バックドア電動化キット Aハッチを導入することで、バックドア開閉とフィオレラリフトの全操作をリモコン操作で行えるようになっています。

・フィオレラリフト
・Aハッチ